コレステロール値を下げる|言わずと知れた水素水の効果|人類に欠かせないもの

言わずと知れた水素水の効果|人類に欠かせないもの

コレステロール値を下げる

シニア男性

動脈硬化を防ぐ

日本人が死亡する原因の第2位は心疾患、第4位は脳血管疾患です。この2つに共通することは動脈硬化が大きな要因として挙げられることで、実に4人に1人が血管の病気で亡くなっていることになります。これは癌による死亡者数にも匹敵する数字です。そのため、近年では動脈硬化を防ぐために生活習慣を見直している人が増えています。その生活習慣の見直しの一環として注目されているのがβグルカンです。実際に多くのβグルカンのサプリメントが市販されており、実際に見かけた人も少なくないはずです。なぜβグルカンが人気になっているかというと、コレステロール値を下げる効果があるとして知られるようになったからです。そして、このコレステロールこそが動脈硬化の主因となります。

コレステロール値を下げる

なぜ、βグルカンがコレステロール値を下げるかというと、その性質にあります。βグルカンは難消化食物繊維の一種であり、仮に摂取しても胃酸で分解(消化)されることはありません。そのため、繊維のまま小腸に届くことになります。一方、その繊維の形状であるため、一緒に食べた食べ物に含まれているコレステロールを吸着させてしまいます。そのまま便として排泄されてしまうため、体内へコレステロールが吸収されるのを防ぐことによってコレステロール値の上昇を抑える効果を得られるわけです。βグルカンがコレステロール値を下げる効果があるのかこれが理由となります。キノコ類など食事から摂取するのもいいですが、サプリメントで気軽に摂取することもできます。